“物は試し” iプランニングの少し肩の凝るブログ

部下との接し方等18の教え

アイディアプランニング画像

東京時代の会社で部下との接し方含め18の教えというものがあった。
今でも学べる面もあると思うので下記にて箇条書きしたいと思う。

1.細かいことすべてに書類で求めない。

2.説明の中で、てにをはの使い方のみにこだわらない。

3.仕事の意味や背景にあることを十分に説明する。

4.仕事の結果は素直に評価する。・褒めることができる。

5.結果に至るまでのプロセスをキチンとみることができる。

6.部下の手柄を自分のものにしない。

7.部下の失敗を自分に及ばないように逃げない。

8.ジャッジをすぐ行われるように、日頃からいろいろなケースを考えている。

9.部下の相談事を面倒くさがらずに聞ける。

10.自分の趣味を部下に押し付けない。

11.部下を叱るときはそのことだけを真剣に叱る。

12.失敗したことを叱る以上に何故失敗したか考えさせる。

13.自分が教えてもらったことを自分でやめない。

14.上司に意見が言える。

15.長い時間会社にいることを評価しない。

16.社会全体のことに興味を持っていろいろな話題が豊富である。

17.いろいろな指示が具体的にできる。

18.自分の休みの日に会社に出てこない。                    以上。

 

 

 

関連記事一覧

  1. アイディアプランニング3%能力画像
  2. アイディアプランニングかえる画像
  3. アイディアプランニング画像
  4. アイディアプランニング画像
  5. アイディアプランニング画像
  6. アイディアプランニング画像
PAGE TOP